WiMAXをありとあらゆる切り口から徹底比較!

本当に最高に得するWiMAXプロバイダの特徴や口コミやスペックなどから多角的に検証しています。

インターネット黎明期からさまざまな回線を使いこなしてきた私が、WiMAXの本当のいい点と悪い点をいろいろな切り口から比較していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

一番おすすめのプロバイダはダントツで「VISION」

今現在一番おすすめのWiMAXプロバイダはVISIONというプロバイダです。なぜおすすめかというと以下の点があげられます。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャッシュバックを活用することにより得する

3,WiMAXの端末が翌日発送してもらえる

4,最新の端末が無料で使える

5,乗り換え費用を負担してもらえる

上記のポイントを簡単に説明すると、キャッシュバックが豊富で、端末も無料で使えて、実質的な月額料金がとにかく安く使えるというメリットがあります。

キャッシュバックも、VISIONは受取までの期間は翌々月となっていて確実に受け取ることができます。

VISIONは月額料金が元々安いことにくわえて、競合他社の回線から乗り換えるときは違約金を肩代わりしてくれます。

なので、今すぐ他の光回線やモバイル回線から乗り換えることができます。

WiMAXプロバイダーの選び方のコツとは?

WiMAXのプロバイダを選ぼうと思っても、ネット上で軽く調べてみただけでも数十社はあります。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの宣伝方法は以下のような内容でどこがどう違ってどこが一番メリットがあるのか調べるのは難しいですよね。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXプロバイダは大きいものから小さいものまで合わせると30社以上合って、いろいろな手法を使って利用者を集めようとしています。

プロバイダが宣伝している売り文句は様々なものがあって、初めてWiMAXを検討しているという人は、どこにすればいいのかわかりにくいと思います。

何をベースにWiMAXのプロバイダを選択すればいいのか、今回のおすすめ1位としてご紹介したプロバイダがなぜ1位なの解説していきたいと思います。

WiMAXのプロバイダーを選ぶときに一番見るべきポイント!

WiMAXを選ぶときに最大のポイントは契約期間内でかかる実質的な総額です。

実質的な支払合計金額というのは、契約期間内に発生する毎月の支払合計です。

キャッシュバックやその他の特典があれば、手元に戻ってくる金額として計算されて、相殺されます。

WiMAXを契約するときの事務手数料などの手数料や、端末レンタル出かかった費用はもちろんですが、実質月額料金が加算される要因になります。

実質的な月額費用は次のような算出方法で計算されます。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法をあらためて計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上記のようにプロバイダによって基本的な月額料金や契約期間や特典の金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なので、契約期間で考えると2年なら24000円、3年なら36000円もの差ができることになります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題プランと通常プランでは何が違うのか?

ギガ放題プランと一般的なプランとでは何が異なるのでしょうか。簡単に言うと月額料金と月間の通信量制限の有無になります。

ギガ放題プランだと月間の通信制限量はなく、無制限となっていますが、一般的なプランだと7GBまでとなっています。

なお、通常プランは7GBプランやライトプランなどともいわれているので、プロバイダ各社で名前が変わるので注意してください。

WiMAXの大本であるUQWiMAXでは通常プランを廃止してギガ放題プランのみに移行しつつあるので、他のプロバイダもそうなりつつあります。

後ほど解説していきますが、2021年の4月から開始されてWiMAX+5Gという、現行のWiMAXよりも高速通信が可能な接続サービスが存在しています。

こちらのプランはギガ放題プラスともいわれています。WiMAX+5Gにしかない料金体系となっています。

WiMAXに入会するときはギガ放題プラスはギガ放題とか通常プランとかとは違うので注意しましょう。

下の図でも表記していますが、5Gの時代やモバイル通信技術の向上によって、普段のデータ通信量というものが昔と比べて跳ね上がっている傾向にあります。

なので、データ通信の総量というのは、htmlのみで構成されたページなどを読み込むことはほぼありませんので、無制限であればあるほどいいといえるでしょう。

なので、コスパ的に考えても一般的なプランを選択するよりもギガ放題プランの方がいいでしょう。というよりも一択といっても過言ではないと思います。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいってしまうとWiMAXですらなくてもいいとまでいえるでしょう。

クラウドSIMなどWiMAXと同じ目的で使うことができるWi-Fiサービスがたくさん登場しているので、とにかく安いサービスを契約すればいいと思います。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

ギガ放題と通常プランでは1000円程度しか変わりませんが、1000円でこれだけのメリットを享受できるのですからお得すぎるといえるでしょう。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホは自動的にあらゆる通信を行っているのでデータ量がかさんでいく

2,毎月の制限量があると精神的ストレスがかかる

3,月の制限を超えたら来月まで高速通信ができない

ちなみに、WiMAX+5Gにおいては、ギガ放題プラスというプランが用意されていますが、3日間で15GBの制限があります。

なので、WiMAXで通信制限が気になる場合は、WiMAX+5Gのエリア範囲内に入っているかかかわらずギガ放題プラスに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うにはどうしても端末が必要になってきます。基本的にはどのプロバイダ経由でWiMAXを契約したとしても選べる端末装置は同じとなっています。

このプロバイダ特有の端末が用意されているということはありません。

どのプロバイダを使ってもWiMAXの端末は5種類くらい選択できますが、正直なところ何を選択すればいいのか迷ってしまいますよね。

プロバイダで何種類か選べる中で一番おすすめのルーターはW06がおすすめです。

WX06という名前が似た機種がありますが、バッテリーが長持ちなのでW06の方が個人的にはおすすめできます。

モバイル端末の料金については、ほとんどのプロバイダでどれを選んでも無料となっています。

プロバイダではなくて大本のUQでの契約においては端末代として約1万円くらいに設定されているので注意しましょう。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

ですが、今までの使用頻度によってはバッテリー性能が落ちてしまっていることもあるので、端末自体を新しいものに交換するのもありかと思います。

WiMAXの契約期間は選べる

今までの光回線や携帯電話の契約と同じように、WiMAXでも2年契約や3年契約など、契約期間の決まりがあります。

2年縛りや3年縛りの途中で解約すると違約金を取られてしまいます。その年数をたつと違約金なしで解約することができるという仕組みです。

現在のWiMAXの契約期間は1年、2年、3年の3パターンがあります。

自分が契約したいと思っているプロバイダを選ぶのがいいのですが、契約期間が短いほど割高になってしまうので承知しておきましょう。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

短期契約において、WiMAXを最安料金で利用する方法を参考にしていただくか、短期利用であるならばそもそもとしてWiMAX以外の選択肢も考えられます。

とはいても、数ヶ月しか使わないと言っても高速なインターネット通信をしたい人はWiMAXがダントツでおすすめです。

ちょっとだけネット環境が手に入ればいいというような場合は、クラウドSIMなどのWi-Fiを使うというてもあります。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

これはなぜかというと、WiMAXの月額料金が複雑に入り乱れているのです。

一例としてWiMAXのプロバイダー業者であるカシモの月額料金を見てみると、1ヶ月目の月額料金が1380円となっていて、2ヶ月目以降は3610円となっています。

最初の月額料金だけでもしプロバイダーを決定したとすると、翌月には倍以上の金額になってしまうので注意が必要です。

また、プロバイダーというのは上記でも解説したように、契約期間の縛りというものがあるので、最後まで使った場合の支払合計を計算する必要があります。

WiMAXのプロバイダーすべてにおいて、本当の安さを追求するのであれば、2年なら2年のキャッシュバックやスマホ割りなどの割引をすべて含めた合計額を割り出す必要があるということです。

各社のプロバイダの宣伝で使っている月額料金というのは最初の月だけである場合が多いので、そこだけ見てプロバイダーを選んでいるようでは損をしてしまいます。

上記の項目で解説してきたように、月額料金とキャッシュバックや割引などをすべて合計した実質的な月額を考えて選ぶのが一番最善策です。

当サイトでは、一般的な月額料金から毎月の割引サービスやキャッシュバックなどの値引きを考慮した上での月額料金で算出しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

受取時期が短期のキャッシュバックを使う

ほぼすべてのWiMAXプロバイダーでは、キャンペーンとしてキャッシュバックという特典を支払っています。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダーの中には振り込み申請の手続きをわざと長引かせたりめんどくさくしたりすることによって受け取らせないようにしているあくどいところもあります。

一昔前は確かに、お客がキャッシュバック申請を忘れることを狙って、わざと面倒なステップを踏ませるところもありましたがそれは昔の話であって今はかなり健全になっています。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

最近のプロバイダーはマイページにログインすることによってすぐに振り込み申請をすることができるように改善されています。

さらに最近では現金のキャッシュバックではなくて、WiMAXの毎月の月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも多くなっているので、キャッシュバック申請すら必要なくなっているというメリットがあります。

キャッシュバック分を月額料金の値引きにすることによって顧客満足度が高い方針へと転換されているのです。

とはいうものの、キャッシュバック5万円!みたいに訴求することにより顧客獲得につながりやすいので、月額割引よりもキャッシュバックキャンペーンに力を入れているところもたくさんあります。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

WiMAXを本契約する前に知るべきキャッシュバックの受け取り方法を解説しているので同時並行的にご覧ください。

最近では、キャッシュバックが振り込まれるまでの時期も早くなるように改善されてきています。

今までのプロバイダは実際に現金が振り込まれるまでに何ヶ月もかかっていたのですが、最近ではすぐに振り込んでくれるサービス性の高いプロバイダーがほとんどになってきています。

こういうサービス精神の工場というのは、契約したお客さんもキャッシュバックを受け取り忘れにくいというメリットがあります。

以上のように、ユーザー目線で考えて改善しているプロバイダーもたくさんあるので、そういう企業努力をしているようなプロバイダーで契約するべきですね。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXの月額料金を比較!実質的な費用が安い順番にランキングにしているので是非ご覧ください。

以下の比較ランキングは、一番メリットが多いギガ放題プランで算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

WiMAXのプロバイダーを比較するときに一番何を重視するべきかというと、基本月額料金ではなくて、実質的な月額料金ですね。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

このページでもいってきたように、基本料金だけではなくて、スマホ割引や家族割引などを使って、本当の1ヶ月あたりの支払額を計算することが大切なんです。

また他にも、実質月額料金で計算した場合、1年契約の場合は総合計が安く見えますが、実際は1ヶ月あたりに換算してみると割高になっています。

ですが、短期間しか利用しないような人は、解約料がかからないように、自分が使う分だけの契約期間に納めておいた方がいいですね。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXのプロバイダーで一番特典が多くて、実質的な月額料金が安くなるプロバイダーを紹介していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部上場企業のビジョンという会社が営業しているWiMAXのプロバイダーです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,解約金や違約金がかからない

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,端末が届いた最初の月は無料になる

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックや毎月の値引きキャンペーンなどあらゆる特典を用意している優秀なプロバイダーです。

WiMAXのモバイルルーター端末はもちろん無料でもらえて、通常プランであれギガ放題プランであれ実質的な月額料金が業界最高峰の安さとなっています!

GMOとくとくBBは20日以内であればなんの違約金などもなしで解約できるので、接続できなかったとか、回線が不安定などの不具合があればすぐに解約できるようになっています。

さらに、WiMAXの端末を即日発送してくれるというユーザビリティーの高さがあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,キャッシュバックか月額割引を選べる!

2,現金キャッシュバックは約3万円

3,値引きキャンペーンを適用するとギガ放題でなんと月2849円になる

4,20日以内であれば返品できる

5,モバイルルーターの最速発送!

第3位 カシモ

WiMAXのプロバイダー「カシモ」は回線開通後の初月利用料が1380円で使えるのでおすすめです。

カシモはキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、ギガ放題の月額料金が安くなっています。

また、WiMAX端末の当日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目1518円、2ヶ月目以降は3971円

2,初期費用が安くていい

3,WiMAX端末を最短で発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

WiMAXのプロバイダー、DTIの利点としては2ヶ月間は無料で使えるのがいいですね。

初期費用を抑えたいという人にはメリットが大きいのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEは短期契約の1年契約ができる、WiMAXのプロバイダーで唯一の会社となっています。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

BIGLOBEの大きなマイナスポイントとしては、ほとんどのプロバイダーでは端末代を無料で送付していますが、BIGLOBEの場合はレンタルという形になって毎月800円かかってしまいます。

WiMAXの申し込み手順

WiMAXの申し込みから回線が開通するまでの流れは、どこのプロバイダーで契約したとしても同じ流れとなっています。

1,WiMAXの契約したいプロバイダーのサイトで申し込みボタンを押す

2,ギガ放題プランか通常プランか契約したい方を選びましょう。

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,次に名前や住所や電話番号などの個人情報を入力します。

5,次に支払い方法を選択しましょう。クレジットカード番号など。

6,WiMAXのモバイルルーターが3,4日で届きます。

大まかに分けると上のような申し込みから契約の流れとなっております。1週間もかからずにネットに接続できるというのはとても嬉しいですよね。

開通工事なんて不要で、1週間もかからずにネット環境を手に入れられるという利点はWiMAXにしかありませんし、なにものにも代えがたいものだといっても過言ではありません。

他には、UQスポットの店舗で契約することにより、その日のうちにWiMAXを使うことだってできてしまいます。

WiMAXを家電店で申し込むともったいない

家電店でWiMAXの申し込みをするのはおすすめしません。なぜかというとあらゆる面で得しないからです。

電器屋などでWiMAXを申し込むとキャンペーンなどもほとんどないので、契約年数から換算した1ヶ月あたりの料金が高くなってしまいます。

人気の得するプロバイダーと家電量販店の実質月額料金の比較表を見てみると圧倒的に違うのがわかると思います。

当サイトでも検証してきたように、どのプロバイダー経由でWiMAXを使ったとしても、WiMAXの回線速度や安定性などはほとんど変わりませんので、一番安くなるようなプロバイダーを選ぶべきです。

家電量販店から仮にWiMAXを契約したとしてもメリットなどはほとんどありませんので注意しましょう。

WiMAXが発売された当時は家電量販店でWiMAXを契約することにより、そのお店の商品券がもらえていたりするキャンペーンもありました。

ですが、そういった特典は現在はほとんどなくなってしまい、家電量販店で契約するメリットはほとんどありません。

さらに、仮にWiMAXを家電量販店で契約したとしても、サービス性能や月額プランなどはUQ本家と全く同じ内容になってしまうので、キャッシュバック以外でも損することになってしまいます。

とある家電量販店では特定の商品のみ割引をしてくれるようですが、プロバイダーのキャッシュバックと比べると天と地ほどの開きがあります。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQモバイルの店舗でWiMAXを契約するのはおすすめできません

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

UQの実店舗ではWiMAXの契約ももちろんできるので、WiMAXについてわからないことがあればいくらでも対面で教えてもらってあれこれ相談しながら契約を進めることもできます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

そもそもの問題としてUQ自体がプロバイダーとしてあまり力を入れていないので、キャンペーンや月額割引などがほとんどないのです。

たとえば、UQWiMAXと一番得するプロバイダーの実質的な月額料金を比較すると年間で1万円以上もの開きがあるので、長い年数契約するとそれだけ損する計算になります。

UQのお店での契約もメリットはあります

UQスポットのお店で契約したら、WiMAXの在庫があれば家に持ち帰ってその場で塚ことができます。

モバイルルーターの端末さえあれば、どのタイミングでもネット環境が手に入るので、いち早く使うことに重きを置いている人はUQスポットで使ってみるのもいいと思います。

しかし、上記で解説してきたように、UQモバイルの実店舗というのはキャンペーンなどもやってないのでおすすめしません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

キャッシュバックの受取手順について

WiMAXやその他の光回線などで行われているキャッシュバックなどのキャンペーンは自分で申請をしなければもらうことができないところもあります。

一般的にはキャッシュバックを受け取るためには継続的な回線の利用が前提条件なので、あらかじめ決められた利用期間が過ぎたタイミングで会員ページなどからキャッシュバックの振り込み申請をすることができるようになります。

プロバイダーからキャッシュバックを受け取るためには、会員ページから口座番号などを入力して振り込んでもらう形となっています。

メールでの受信や会員ページでのチェックが必要で、不明なことがあればプロバイダーに聞いてみましょう。

ギガ放題プランの3日で10GBの速度制限について

ここからはWiMAXで有名な3日で10Gの壁、つまり速度制限について説明していきたいと思います。

WiMAXの3日間で10GBの通信制限というのはいったい何なのでしょうか。10GBを超えてしまったら終日制限されるわけではなくて、18時から夜中までの繁忙時間だけ制限がかかり、日中は全く問題なくいつも通り使うことができます。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

ギガ放題の3日間で10GBの10GBという容量がいったいどれほどのものか解説していきたいと思います。

youtubeの5分くらいの動画を一般的な画質の720Pで視聴すると約50時間くらいになります。

5分で区切ってあるyoutubeの動画を約600回くらいは見られる計算です。

最近のyoutube動画は広告が関わってきて10分くらいになるものが多いと思います。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

ちなみに、WiMAXの5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題プランよりも実に5GBもアップしています。

WiMAXをその内使ってみたいと思っているけど、通信制限が10GBは制限にかかりそうだから足踏みしてしまうという人は、エリア外でも5Gのプランで契約することができるので、そうすれば5GBも上限を伸ばすことができます。

実際問題として制限はなし!

WiMAXのギガ放題プランの3日で10GBの制限は月間になおしてみると100GBにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これは実を言うと制限がかかる時間帯は夜から夜中までなので、たとえば1日100GBの通信を行ったとしても速度が1Mbps以下に制限されるのは18時から深夜2時までとなっています。

上記のようなメカニズムなので、やろうと思えばいくらでもできてしまうのです。

WiMAXの3日で10GBの制限がかかってしまったら、スマホのデザリングなどで制限時間を潰せば夜中からまた日中のような高スピードでWiMAXを楽しむことが可能になります。

WiMAXの速度制限がかかっているときのスピードは1Mbpsとなりますが、メールやネットサーフィンなどは余裕でできてしまいます。

とはいっても、何ヶ月も何百ギガバイトも通信をしているとWiMAXの回線元であるUQに目をつけられてしまうこともありますので、何GBでも使えるからといってやり過ぎないようにしましょう。

WiMAXにはいろいろなオプションをつけることもできる

ある程度の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみるのもいいと思います。

ですが、初心者のサポートや端末保証はつけておいた方がおすすめです。

ちなみに、次の表はUQで申し込みができるようになっていますが、WiMAXのプロバイダーでも契約が可能です。

回線業者のオプションにはいろいろなものがありますが、セキュリティなどのオプションと、エンタメ系のオプションとの2つの系統があります。

オプション加入は自分でいらないと思ったらいらないと思うので、必要だと思った直感で決めましょう。

auユーザーならWiMAXを安く使える!

WiMAXという回線はそもそもKDDIのグループ会社であるUQが提供しているので、auスマホをお持ちの方は月額料金を割引にできる可能性があります。

ここで解説していくのはauスマートバリューという割引サービスになります。

ウルトラギガマックス割引というサービスは、UQモバイルのスマホとWiMAX2の同時契約により月額料金が500円やすくなります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

auのスマホやガラケーを使っている人なら絶対に加入しておいた方がいいauスマートバリューという割引サービスもあります。

auで契約したスマホやガラケーを使っている間は永続的に割引が適用されます。

auスマートバリューと呼ばれる割引サービスは、現在auのスマホを使っている人が、GMOとくとくBBをセットで申し込むと、毎月1000円も割引が適用されます。

現時点でauと契約しているプランによって差がありますが、最低でも500円から最高で1000円までの割引が適用されます。

現時点でauのスマホを持っている人はとくにおすすめの割引サービスです。

WiMAXの解約はタイミングによって変わる

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

WiMAXは解約期間を過ぎたらいつでも解約料がかからないのではなくて、決まった月のみが解約料が無料になる仕組みになっているので、自分の解約が無料になるタイミングがいつになるか把握しておきましょう。

次の表は契約開始を1ヶ月目としたときの途中で解約したときの解約料の表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約したいときは?

各社プロバイダーによってWiMAXの解約方法は違いがありますが、ほぼすべての場合で次のようなパターンになります。

会員ページから解約手続きor電話による解約手続き

これはWiMAXなどに限った話ではありませんが、プロバイダーを解約するときに必ず他のプランなどをおすすめされます。

他にも、途中解約をするときは、契約終了月間ではないので、解約料が必要ですよという説明があります。

WiMAXの通信速度でテレワークに耐えられるか?

昨今のテレワークぶーの流れからズーム会議などがはやっていますし、政府もテレワークを推奨しています。

在宅勤務からの会議だけではなくカフェやネットカフェや駅に設置されている一人用の作業個室などから仕事をしている人も急増しているので、WiMAXなどの無線接続が取りざたされています。

フリーWi-Fiで接続していてもセキュリティが悪くてパソコンの情報がダダ漏れになってしまうこともあります。

WiMAXなら自分だけが接続できる絶対に安心な接続システムなので、そういった観点からWiMAXを契約し始めている人も増えています。

ところで、WiMAXがテレワークに利用可能かという問題ですが、以下のような懸念材料があります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

これらのような不確定要素がありますが、では実際にWiMAXはこれらの問題を乗り越えられるかについて解説していきたいと思います。

WiMAXはそもそも基地局がめちゃくちゃありますので、ビジネスでもエンタメ目的でも使いやすいといえるでしょう。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイルネットワーク通信を選択するならWiMAXが一番おすすめといえるでしょう。

WiMAXの利用を検討しているときは、自分の居住エリアをカバーしているかを確認してからレンタルしてみるのも一つの手です。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

WiMAXならギガ放題プランの制限は夕方6時からのみになっているので、日中の会議の制限などはかからないでしょう。

会議の解像度なども調整しておけば、無駄なデータ送受信を極力避けることができます。

WiMAXの活用方法にはオンライン会議だけではなくて、ありとあらゆるものがあります。

短大生や専門学生や4年生の大学生の人は、オンライン授業をWiMAXで受けることも可能です。

オンラインで講義内容を配信している塾などは、外出先からWiMAXをつないでどこでも視聴することができます。

また他にも、引っ越したばかりで光回線の工事などが終わっていなかったら、WiMAXを使ってその日のうちに高速で安定しているインターネット通信が可能になります。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

ここ最近にWX06というモバイルルーターが発売されましたが、ほとんどW06と変わらないので、W06の方がおすすめです。

端末を選ぶ時のポイントとしては、回線速度が大切なので、今現在はW06がおすすめです。

今一番おすすめの優秀な端末のW06の最高下り速度は1Gbpsくらいですが、これはUSB-cで接続した場合の最高速度なので、普通のUSBだったら半分の500Mbpsくらいですが、それでも圧倒的な高速だと思います。

ですが、WX06よりもW06の方が回線スピードが速いので、スピード重視の人ならW06の方がおすすめです。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXはW06みたいなどこでも持ち歩けるモバイル端末の他に、ホームルータを選択することができます。

自宅で高速のネット環境を手に入れたいけど、光回線みたいな工事が必要なのは嫌だという人におすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

また、アンテナがしっかりと付いているので、モバイル端末よりも安定的に高速通信が可能となっています。

一般的にモバイル端末は手元に置いておきますが、ホーム端末は逆に部屋に置きっ放しにして使います。

上記のようなことから、基地局から離れていたり、パソコンやスマホから離れていても接続しやすいようになっているのです。

現在一番おすすめのホームルーターの端末はHOME02でしょう。

接続面だけではなくて、デザインも洗練されていて、あらゆる面からおすすめですね!

ホームルーターかモバイルルーターどっちが使える?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

機能性やコスパなどについてどういう場面で使えばどちらの方が優れているのか解説していきたいと思います。

まずモバイルルーターですが、モバイルルーターは家の中でも外出先でもどこでもインターネット環境が手に入れられるということです。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

モバイル、ホーム、両方のメリットデメリットを簡単に説明しましたが、結論を言うとモバイルルーターの方が全体的にはおすすめです。

ホームルーターは外で利用することができませんが、モバイルルーターはもちろん外での利用もできますし、家の中でもクレードルを使うことにより据え置きタイプのように使えます。

モバイルルーターでもクレードルを使いながらホームルーターのような使い方ができるので、モバイルの方がおすすめですね。

LTEのハイスピード+エリアモードを使いこなす

WiMAXのLTEオプション接続は、auのLTEのハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXの基地局が足りてなくて、接続が安定しにくいところで使えるモードになっています。

基本的には、WiMAXと携帯電話では通信技術や電波が違うのですが、auのLTEなら接続できるということもあります。

そもそも、auのLTEはWiMAXと共有しやすい800Mhzの電波となっているので、接続しやすい環境となっています。

3年契約のWiMAXなら、すべてのプロバイダーで毎月1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

とはいっても、auのLTEで7GBの制限に達してしまった場合はWiMAX2+の制限もかかるので意識しておきましょう。

実際のWiMAXのスピードについて

WiMAXをこれから使おうと思っている人は、WiMAXがどれくらいのリアルなスピードがでるかを気にしている人は多いのではないでしょうか。

サイト上ではいろいろなデータを公開していますが、いざ自分が使ったときのリアルな数値がしりたいですよね。

まずそもそも、WiMAXの理論値ですが、だいたい以下のようになっています。

上記の理論値はあくまでも理論値なのですが、WiMAXユーザーの私の環境でいうと、平均的に50Mbpsくらいはほぼ確実に出ております。

そもそもWiMAXの回線スピードというのはあらゆる要因に柄今日されます。すんでいる街、端末の違い、時間帯等々です。

また、近年ではWiMAXの契約者数増加にともなって、基地局も増えてきているので、ますますWiMAXの回線速度や安定性が上がっていることは間違いないでしょう。

WiMAXと光回線は永遠のライバル

ここではWiMAXと光回線の違いを解説していきたいと思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

家の固定回線と無線のWiMAXではいろいろな点で違っていますが、ネットを使うという意味ではどの回線だったとしても全く同じです。

自分が構築したいネット環境の理想に合わせた回線を選ぶのが一番だといえるでしょう。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXは世界の標準規格になっている通信技術なんです。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

そもそもは、地方などで固定回線が届かないラストワンマイルをつなぐための無線規格としての意味が強かったのです。

WiMAXは日本でしか流行していないと思われていますが、昔はそうでもなかったのです。

WiMAX2+となった時点で日本だけが独自の路線を走るようになってしまって、日本でしかWiMAXが提供されなくなってしまったのです。

ちなみに、日本以外の国で使うにはWiMAXの機能が搭載されたノートパソコンなどでしか使うことができません。

競合他社のモバイルWi-Fiとの比較

WiMAXと競合するサービスには、ワイモバイルやクラウドWi-Fiなどがあります。

一番最初にチェックするべきポイントとしては、回線スピードと制限量になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じようなサービス内容となっていて、クラウドWi-Fiは使う人を選びます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

それに対して、クラウドWi-Fiは無制限で使えますが、回線速度が遅いのでメールなどの簡単な用途に関してのみ使えるといえるでしょう。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

また、クラウドWi-Fiは安いだけあって、サービスが充実していないので、接続障害などが起きやすいです。

デザリングよりWiMAXの方が圧倒的に優れている

WiMAXを購入しなくても、スマホのデザリングを使えばいいんじゃないかと思っている人も多いと思います。

そもそも論として、デザリングではなくてWiMAXをわざわざ契約するメリットはどこにあるのでしょうか。細かく解説していきたいと思います。

デザリングというのは、スマホを介して携帯電話の回線でネットに接続する方法になります。

パソコンなどをスマホを経由してネットに接続して楽しむことができます。

デザリングのオプションに加入すると、スマホ自体のネット接続にくわえて、パソコンなどの機器をスマホのデザリングを使ってネットに接続できます。

WiMAXでインターネット環境を手に入れるのと、スマホでネットに接続するのは、機能的には全く同じとなっています。

WiMAXの方がデザリングよりおすすめ

スマホ経由でネットに接続するよりも、WiMAXでネットに接続した方がいい理由としては以下のようなものがあります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 スマホはバッテリーなどの観点から使い勝手が悪い。

ポイント3 デザリングをすると費用がかさんでしまうことがある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

通信量を制限したいときは、スマホ自体をWiMAXで接続するという手もあります。

デザリングは緊急時の対策として使うというのが一番正しい使い方だといえるでしょう。

WiMAX+5Gとは?

2021年からWiMAX+5Gのサービスが提供され始めました。UQからサービスが開始されてだんだんプロバイダーが拡大していっています。

WiMAX+5Gの最大の特徴は下りで2.7Gbpsという速度がでるところでしょうか。

WiMAX+5Gの理論値のダウンロードスピードは、WiMAX2+の倍となっています。

WiMAX+5Gの通信量制限も3日間で15GBとなっていて、一般的なプランの3日で10GBよりも5GBも増えています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランとしては、UQにおいては2年契約で、最初の割引サービスをつけると、月額約4300円くらいで使えるようになっています。

WiMAX+5Gで進化しているのにもかかわらずWiMAX2とほとんど同じような値段で使えるのが出始めたばかりのメリットだといえるでしょう。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAXの5Gは出たばかりだけど端末は使いやすいのか?

WiMAX+5Gでは、5G専用の端末が提供されています。

現在はモバイル端末のサムスン製のSCR01というものと、ZTE制のホーム据え置きタイプのものがあります。

WiMAX+5Gはサービスインして間もないので、専用端末が少ない現状となっていますが、続々と増えていくと思います。

WiMAX2+の端末と5Gの端末はほとんど大きさやサイズは変わりません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

WiMAX+5Gは通信制限が3日で15GB

WiMAXでは制限として月間の制限はありませんが、5Gのプランではあるのでしょうか。

WiMAX+5Gでは今まで通り、毎月の制限というものは存在しません。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

さらに、+エリアモードとして、LTEが使えていましたが、こちらの制限も月間7GBから月間15GBになっています。

3日間で15GBの制限を超えた場合も、18時から夜中の2時までの適用となっています。

昼の時間帯などには制限がかからないので、在宅勤務でのオンライン会議などには最適なツールだと思います。

実際のところ5Gの通信速度はどれくらいなのか?

WiMAX+5Gのダウンロード理論値は、最大で2.7Gbpsとなっていますが、WiMAX2より相当早いスピードです。

WiMAX2のモバイル端末のW06は最大で1.2Gbpsとなっていますが、これは最大値です。

一般的な接続方法でWiMAX2をモバイル端末で接続すると約700Mbpsくらいだといわれていますが、これに比べるとWiMAX+5Gの速度がとんでもない高スピードだということがわかりますね。

WiMAX+5Gと通常のWiMAXを比較

WiMAX+5Gと現行のWiMAX2ではどこがどう違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

WiMAX2の理論値は1Gbpsくらいですが、5Gの理論値は2Gbps以上あります。

WiMAX2と+5Gでは料金プランがほぼ同じとなっていますが、端末代が多少高くなっているので、デメリットはそれくらいでしょうか。

5Gバージョンの月額料金も比較してみました!

WiMAXプロバイダーの5Gの提供具合ですが、まだサービス開始されて間もないのでこれからという雰囲気ですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQはもちろんですが、UQとほぼ同じ内容のプランで5Gを提供しているビックカメラやヨドバシカメラなどのプロバイダーがあります。

下の一覧表は、WiMAX5Gに最初に適用できるキャンペーンなどを適用したあとの実質的な支払額を表示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gの一番お得なプロバイダーとは

WiMAX+5Gをサービス開始しているプロバイダーはまだ少ないのですが、ランキングは以下のようになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONのWiMAX+5Gは初期手数料がかからないのが大きな特徴ですね。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

いろいろな面においてカシモは優秀だといえます。

ちなみに、UQや家電量販店でWiMAX+5Gを契約すると端末代金が高くなりますね。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはトライWiMAXというお試しサービスがある

トライWiMAXというサービスは、WiMAXの端末を約2週間くらいレンタルできるお試しのサービスとなっています。

WiMAXの契約年数はほとんどプロバイダーで2年か3年となっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,近くに高層マンションが建っているから本当につながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら返品解約ができるので、回線が遅かったとかいう場合は解約料なしで返品することが可能となっています。

GMOとくとくBBのお試し制度なら、満足いけばそのまま使い続けられるのがかなり利便性が高いですね。

WiMAXは法人契約も用意されている

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

WiMAXの契約において個人と法人では契約方法とキャンペーン内容と支払いの方法が違ってきます。

まず最初の契約の流れとして、WiMAXのほぼすべてのプロバイダーで見積もりをしてから申し込みをして、本契約をして、支払、という形になっています。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

さらには、個人と法人では窓口が違うので、法人向けの窓口から見積もり依頼を出すことになります。

申し込みが終わったら、契約をして支払をします。モバイル端末を発送してもらう時期などはほとんど同じです。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人契約をするときのキャンペーンはプロバイダーによって違います。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

代わりといっては何ですが、法人の場合は月額割引が用意されているので、かなり安く大量に契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

法人契約での支払い方法と個人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっています。

法人契約の場合は、口座振替、請求書払い、クレカなどの3パターンから選ぶことができます。

WiMAXのおさらい

ここまで、WiMAXのおすすめのプロバイダーや選び方や料金プランなど、メリットデメリットについてあらゆる切り口から検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

最後の最後に総ざらいとして、一番優秀なプロバイダーを掲載しておきますので、WiMAXをこれから契約を検討している人はぜひこのプロバイダーから申し込みましょう。

おすすめ第1位はなんといっても「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

VISIONをおすすめするポイントは以下になります。

1,キャンペーンを使った実質的な月額支払いが一番安い!

2,モバイル端末を最速で発送してくれるからすぐにネット環境が手に入る

3,最新機種のモバイルルーターが無料で使える!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

メリット

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 端末が届いた月の端数が無料

ポイント3 違約金や解約金がかからない!

[487行目]

[488行目]